離婚

不倫で家出をした音信不通の夫と離婚する方法 | 夫の家出

投稿日:2017年5月24日 更新日:

スポンサーリンク



 

「不倫が理由で家出をした夫と正式に離婚したい!」

だけど、家出をした夫と連絡もとれず、何処にいるか全く検討がつかない状況下で離婚は出来るのか?

 

今回は、不倫や浮気で家出をした音信不通の夫との離婚についてまとめてみました。

 

 

音信不通の夫との離婚は調停、もしくは裁判離婚

 

浮気が原因で家を出ていってしまった夫。

家出後は、不倫相手と生活している模様。

 

そんな夫と早く離婚したいものの、連絡はとれず、居場所も把握出来ない…。

 

協議離婚の際は、妻と夫の双方の同意が得られなければならないのと、双方の捺印が必要となってきます。

ですが、家出をした夫とは音信不通で話をするにも離婚の手続きを行うにしても何も出来ません。

もちろん、離婚の手続きに必要な捺印やサインをもらうことも叶いません。

 

そのような場合は、調停を利用し裁判所に判決をゆだねましょう。

さらに調停・審判にても離婚が成立しなければ、家庭裁判所に提訴し裁判離婚を行う必要もあります。

 

 

明確な離婚理由の必要性

 

居場所が分からず、連絡もつかない夫との離婚は【調停】、もしくは【裁判離婚】という手があります。

ただ、注意として裁判離婚を行う際は、裁判所にての話し合いの場を設ける調停を経て、それでも離婚成立に至らなかった場合に限って、提訴し離婚裁判を行う流れとなります。

 

まず、調停ないしは裁判離婚に持ち込む場合は、明確な離婚理由が必要となってきますが、不倫で家出をした夫とは音信不通のため協議離婚の話し合いが出来ない状況が十分な理由となってきます。

 

さらに法的に認められている離婚理由について、配偶者の不貞行為や悪意の遺棄などが存在します。

スポンサーリンク

 

浮気や不倫が配偶者の不貞行為にあたり、夫婦であれば同居が前提でお互いを助け合う扶助義務がありますが、それらを怠ると悪意の遺棄とみなされ十分な離婚理由となります。

 

その他に3年以上の生死が不明の場合やその他婚姻関係を継続し難い重要な事由として、

浮気相手との生活で音信不通の夫はそれに該当します。

 

 

まずは警察に相談し行方不明届けを提出

 

何はともあれ様々な離婚理由にあたり、調停にて裁判所を通じて離婚の話し合いが可能であり、場合によっては家庭裁判所に離婚の提訴を行い、離婚の判決をゆだねることが可能です。

 

ですが、まずは家出により行方不明の夫を探し出す事が先決です。自分で居場所を突き止められないのであれば、警察に相談し行方不明届けを提出する必要があります。

なぜなら調停、もしくは離婚裁判を行う際はそれらの開始を事前に夫に知らせる必要があるため、夫が消息不明になった最後の所在地の簡易裁判所に公示送達の申立が必要となってきます。

 

また、裁判所の手続きや調停、裁判離婚のまでの手続きや書類等の準備などが困難な場合、裁判所へ出頭できない場合は弁護士に相談してみましょう。

弁護士に依頼すると面倒な書類の手続きや裁判所の出頭や対応の全てを代行してくれるので便利です。ただ、その分費用がかかりますので事前に相談してみてください。

 

 

まとめ

 

浮気や不倫で家出をした夫。

そんな夫婦関係を継続し難い夫とは離婚したい!!

とは言え、音信不通の夫と離婚の話し合いも出来ない状態…。

 

そんな時は裁判所を通じて、調停にて離婚の話し合いを。

さらには調停でも離婚成立に至らなかった場合は家庭裁判所に提訴し裁判離婚へ。

 

まずは夫の居場所を突き止めるために警察に行方不明届けを提出し、裁判所への手続きや対応が困難な場合は弁護士に相談してみましょう。

 

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-離婚
-, ,

Copyright© ザッキ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.