捜索

家出癖のある夫が帰ってこない理由 | 夫の家出

投稿日:

スポンサーリンク



 

家出癖のある夫。

いつもならある程度の時間や数日経ったら、ひょっこり家に帰ってきていた夫が今回に限ってなかなか帰ってこない…。

「いつもの家出」

「いずれ帰ってくるだろう」

 

そんな考え、甘かった…。

 

実は、

日頃の家出は、浮気相手の女性宅に転がり込んでいて、ある日を堺に浮気相手の女性と一緒になってしまった…。

または、

家出している間になんらかの事故や事件に遭われ、帰らぬ人になっていた…。

 

などと取り返しのつかない事態に陥っている可能性だってあります。

 

今回は家出癖のある夫がいつもならある程度したら帰ってきていたのに帰ってこない理由を探ります。

 

 

いつ帰ってくると分からない夫を待つ

 

人によっては家出した夫が数日帰ってこないことに心配とショックがある方もいれば、うっとしい夫がいなくなって、せいせいしている方も中にはいらっしゃると思います。

ですが、出ていったきり何の進展もなく、そのまま放置というわけにもいきませんし得策ではありません。

 

また、日頃から家出の癖がある夫の場合や初めて家出をした夫。連絡の有無などによって、家で帰りを待つ方の心理はその時々で随分と異なります。

日頃から家出をいつもしている場合だと、いつの間にか帰ってきているケースが大半でしょうが、初めて家出したとなるとその心理状態は全く異なります。

さらに家出した夫からの連絡の有無によっても随分と心のゆとりが違ってきます。

 

統計によると年々、捜索届けの依頼が増加傾向にあり、その中でも夫である男性の方が妻である女性の倍以上の割合で家出しています。

また、大人の家出は自殺に繋がりやすく、とても危険な状態。

そのため、家出した夫が帰ってこない期間が長くなればなるほど、比例して死亡率が高くなっていきますので早めの対策を取ってください。

 

 

とは言え、命の危険が伴う家での場合は日頃から、積もり積もったストレスや不安、感情がはじけ飛んだ時に行う家出です。

 

 

日頃から頻繁に家出癖があり、家出をしてはある程度の日数が経つと帰ってきていた場合、いきなり帰ってこなくなった理由は下記の場合が多いです。

スポンサーリンク

 

 

浮気相手の女性宅に転がり込んでいる

 

そもそも、日頃からの家出で数日間、帰ってこなかった間はどこに居たのか?

金銭面的に余裕はないはずですので、ホテル等はまず考えられません。

インターネットカフェなどの場合も考えられますが、一番有力で一番考えられることが”夫の浮気”による浮気相手の女性の存在です。

 

何かと理由をつけては家出を繰り返し、その都度浮気相手の女性宅に転がり込んではある程度、時期を見計らっては家に帰ってくる。

そんな事を繰り返していると浮気相手の女性と一緒にいるほうが居心地が良く、終いには居座ってしまい音信不通になってしまったというケースは多々あります。

もし、夫の今までの家出の経緯と浮気に繋がる証拠があれば、すぐにでも探偵や興信所に夫捜索の依頼を行い、弁護士をたて離婚の手続きを行いましょう。

 

 

事故や事件に遭われ、帰らぬ人に…。

 

いつもの家出、ただの気分転換である程度 落ち着いたらいつの間にかケロッとした何食わぬ顔で帰ってきていた夫。

そんな夫が今回に限って、なかなか帰ってこない。

いつも以上に日にちが経ち過ぎている…。

 

そんな場合は、家出している最中に事故やなんらかの事件に巻き込まれている可能性が高いです。

事故や事件に巻き込まれると被害者である個人の特定よりも、その事故や事件の状況や情報の収拾そのものが最優先されるために被害者である個々の特定は後回しになってしまい、家族への連絡が遅くなってしまうことです。

そのため、なかなか帰ってこない夫がまさか事故や事件に遭っているとは想像もつかないのです。

 

最悪の場合、すでに亡くなっているケースも…。

 

 

まずは家出癖を治してもらう

 

なにはともあれ、日頃からの家出癖を治すことが最優先です。

何も理由や原因がなければ夫も家出をすることもないでしょうし、家出をして最悪の事態に遭遇することを回避だって出来ます。

 

そもそも家出をすること事態、本来であれば異常なことです。

浮気、夫婦間の問題、会社や仕事、様々なトラブルや不満、ストレスが家出の理由や原因になっているのであれば、お互い腹を割って話合いをやるべきです。

 

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-捜索
-,

Copyright© ザッキ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.