体毛や脱毛

体毛が濃い場合はどの様にして治療をすれば良いの?

投稿日:2017年10月2日 更新日:

スポンサーリンク



 

体毛が濃い場合には、どうにかして処理をしたいという方も多いかと思います。それが女性であればなおさらでしょう。

そこで今回は、男女共にどの様にすれば濃い体毛の治療をすることができるのかについてスポットを当ててみましょう。

 

濃い体毛の対処方法なら脱色をするのも1つの手段!

濃い体毛の治療法と言いますか対策方法としては、まず脱色をするという方法があります。ムダ毛が目立ってしまうのは、色が黒いことも理由として挙げられます。

脱色をしてしまうことで目立たなくすることができるのです。

 

色を抜くことで肌の色と大差なくすることもできるのでうってつけです。急きょ体毛を除去したい状況になったとしても、手軽に対策ができる点が便利です。

とは言え、どの程度脱色できるかという点は人によって違いがみられることがあります。

 

そういったことから、脱色をするときは効果等を確認しつつ行うことが適しています。

 

体毛に好影響を及ぼすなら豆乳などもうってつけ!

体毛は食べ物によって薄くすることができれば良いかもしれません。しかし、体毛を薄くできる食べ物はないでしょう。

食べ物によって体毛の濃さが左右されるということは考えにくいということです。

 

体毛に良い影響を与えてくれる食材ならば豆乳はいかがでしょうか。

スポンサーリンク

豆乳には大豆イソフラボンが含まれています。この成分は女性ホルモンに大変似た働きをしてくれることから、女性ホルモンのバランスを整えてくれる効果が期待できるのです。

 

女性ホルモンが多く分泌されるということは、体毛も薄くなってくることが考えられますし、適しています。コンスタントに継続して飲むように心がけましょう。

 

 

今は毛の成長を遅くしてくれる抑毛も注目されている

また、ムダ毛の成長を遅くしたり、ムダ毛そのものを生えなくすることができる『抑毛』についても注目が集まっています。

上記にも挙げた大豆イソフラボンは、豆乳ローションを直に塗るとムダ毛を根元から細くすることで抜けやすい状態にしてくれます。

 

大豆のエキスが使われていますので天然の成分ですし、副作用などは起きることがありません。ダイズエキスやヒオウギエキスなどといった成分が配合された抑毛ジェルを使って女性ホルモンを補い、ムダ毛対策をしてみませんか。

 

まとめ

濃い毛の対処方法としては、色を抜くことで肌の色と大差なくして、目立たなくさせることも一案です。食べ物で体毛を薄くすることは難しいですが、大豆を摂ることは体毛について良い影響を与えてくれるでしょう。

 

さらに、大豆イソフラボンを直に肌に塗ることで抑毛をするという手段もあります。

 

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-体毛や脱毛
-, , ,

Copyright© ザッキ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.