お手軽な自宅脱毛♪

ヘソにまで毛が生える!そんな時はどうやって処理するのが正解か

投稿日:

スポンサーリンク



 

体毛は人の色々な部分に生えていることがありますが、ヘソにも生えるケースがあります。そういった場合には何とかして除去したいと思う方もいるかもしれません。

では、どの様に処理をするのが適切なのでしょうか。

 

ヘソの毛の脱毛を望む人も少なくない!

女性であってもヘソの毛で悩んでいる方はいるものですし、体毛が濃い方はヘソの毛までも濃くなっているものです。ヘソ毛とは、そもそもヘソの周りに毛が生えていることや、ヘソ下5センチほどまでに生えている濃い毛などを言います。

 

ヘソからビキニラインまでの間の毛はギャランドゥとも呼ばれます。脱毛サロンにはへそ下のプランもあるほどで、ヘソの毛を薄くすることを望む方も少なくないのです。

ヘソからビキニラインにかけて、毛が生えていては気になってしまうものです。

 

そこで、その毛を処理するならカミソリや毛抜きを使う手段がありますが、それぞれの注意点や方法などについて知っておく必要もあるのです。

 

ヘソ周りは皮膚を柔らかくしてから剃るのがポイント!

ヘソ周りは柔らかくデリケートになっています。よって、カミソリ負けによって肌が傷つき色素沈着を起こす可能性もあります。そういったこともあり、カミソリで剃るのは適さないという考えもあることを知りましょう。

 

もし剃るなら電気シェーバーを使用する手段があります。そして、剃る時間としては風呂上りが適しています。柔らかいタオルでヘソ周りを洗い、皮膚を柔らかくしてから剃ることもポイントです。

スポンサーリンク

 

もしカミソリを使うとしたら、敏感肌用のものを使うのがベストです。また、シェービングクリームを使うことや、毛の流れに沿って剃るという点もカギとなります。

 

抜く手段は埋没毛ができてしまいやすくなる!

さて、抜くという方法はどうなのでしょうか。数本だけという場合や、太い毛だけ気になるというケースではヘソの毛を薄くしたいという方や目立たなくしたいという方には、毛抜き等で抜く方が適しています。

 

ただ、抜くとなると埋没毛ができやすくなってしまいますし、その埋没毛を毛抜きで出してしまうことにより、シミになってしまう可能性もあります。この点に関しては、電気脱毛器でも同様となっています。

 

埋没毛に関しては、処理は気を付けなくてはいけないということです。

まとめ

ヘソの毛を気にしている方も少なくありません。脱毛サロンでもヘソ毛のプランがあるほどなのです。

もしヘソ毛を剃るなら電気シェーバーを使用するのが適しています。風呂上りに肌が柔らかくなってから行うのも手段です。

 

抜くという方法もありますが、それだと埋没毛に注意が必要になってくる点も、覚えておきましょう。

 

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-お手軽な自宅脱毛♪
-

Copyright© ザッキ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.