お手軽な自宅脱毛♪

体毛のムダ毛を脱色したい!そんな時はどうやってするのが良いのか

投稿日:

スポンサーリンク



 

体毛が濃くて悩んでいる方であれば、脱色することで目立たなくさせたいと思うケースもあるかもしれません。

では、脱色にはどういった方法があるのでしょうか。今回は体毛の脱色手段について迫ってみたいと思います。

 

オキシドールで脱色をする手段もあるの?

脱色には消毒に用いられるオキシドールで行うという方もいます。脱色剤の代用品にはなりますが、自分なりの方法でオキシドールを使っている方も多いのです。

では、オキシドールで本当に脱色ができるのでしょうか。

 

オキシドールは3%の過酸化水素を含む水溶液です。過酸化水素はメラニン色素を酸化させて粒子を細かく分解させ、色素を抜く働きをしてくれます。

毛が細い場所に効果があったという声もありますが、肌が荒れてしまうケースもあるようなので注意して使用することが大事になってきます。

 

ただ、今では脱色剤が市販されていますし、オキシドールで脱色をする方も減ってきているようです。それでも、なぜオキシドールが脱色に使われるのかが気になるところです。

 

とくに過酸化水素には、触れるとかぶれてしまう恐れもあるほどの強度の腐食性があります。そのため、オキシドールで代用するのはあまり適しているとは言い難いのです。

 

市販の脱色剤を使いたい!そんな時の準備とは

市販の脱色剤を用いるなら前準備も大事です。脱色剤を使う際に室温が低いと効果も薄くなってしまいます。夏場であれば部屋を冷やしすぎないようにして、冬場も室内を快適な温度にしておく必要があります。

 

また、脱色したい部分に油分があると脱色剤がきちんと密着してくれません。事前に脱色をする前にボディソープなどを使って洗い流しておくのもポイントになります。

 

準備が済めば、いよいよ脱色となりますが、脱色剤は2剤に分かれているのが多いです。

スポンサーリンク

脱色直前に2つを手早く混ぜ合わせましょう。そして、二の腕などに試しに塗ってみてパッチテストをします。

脱色するのと同程度の時間放置してみて問題がないようであればムダ毛の脱色が可能です。

 

脱色をする際には手で触れずに、ヘラなどを用いて厚めに塗ります。脱色剤の説明書に書かれている時間放置してから、ヘラで脱色剤を除去して水で流します。温

かいお湯であれば、毛穴が開くので薬剤が毛穴に詰る可能性があります。

 

脱色のアフターケアやメリットなどとは?

脱色できていると確認できたなら冷やされたタオルなどを使って肌を冷やすことで肌荒れを防ぐことが出来ます。さらにその後に保湿をしてあげるのがポイントです。

 

肌が弱い方であれば、敏感肌用の保湿用化粧水やクリームを使いきちんと保湿をするのが適しています。

 

脱色をすると光の加減により目立つということや使用できない部位があるなどといったデメリットもありますが、カミソリにより傷をつけてしまう心配や、色素沈着になりにくいというメリットもあります。

また、2週間から3週間ほどと長持ちをする点も大きなメリットです。

 

まとめ

オキシドールで脱色をすると言うケースもあるのですが、それは市販の脱色剤の代用として使われているものです。

もし、市販の脱色剤を使うなら室内の温度管理も必要です。そして、事前に脱色部分の油分を取り除いておくことも大事です。

 

アフターケアとしては、冷えたタオルで肌を冷やしましょう。

 

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-お手軽な自宅脱毛♪
-, ,

Copyright© ザッキ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.