注意点とデメリット

【風邪薬】薬服用 こんな時は脱毛は控えよう!

投稿日:

スポンサーリンク



 

季節の変わり目などに風邪を引いてしまわれる方もいるでしょう。風邪を引くと薬を飲まれる方が多いでしょう。

では、風邪で薬を飲んでいる時などは脱毛ができるのでしょうか。

今回は、風邪の際の薬と脱毛の関係について探ってみたいと思います。

 

薬を飲んでいると施術できないかもしれないから注意!

風邪に限らず、生理痛などで薬を服用している女性は多いかもしれません。しかし、薬と脱毛は切り離して考えることができないのです。

脱毛サロンなどで施術のコース契約をしていたとしても薬を飲んでいる間は施術ができない可能性があります。

 

施術を受ける際に事前に店舗側から薬について確認もされますが、ついつい薬を飲んでしまうことも考えられます。しかし、そうしたときには脱毛ができません。

市販薬などのいくつかの薬には、レーザーに反応してしまう(医療レーザー脱毛の場合)種類があるので、過敏症を起こすことがあるのです。

 

悪くすると火傷を負ったようになるため十分に注意をする必要があります。それに、薬の中には脱毛の効果を弱めるものもある点も覚えておきましょう。

 

これが駄目!施術の際に服用できない薬について

ここで、脱毛の際に服用NGとなっている薬について見ていきましょう。

 

過敏症を起こす可能性があるのは抗生物質や抗うつ・安定剤、抗真菌薬などが挙げられます。

薬局などでも入手できる薬もありますが、光を浴びた部分が赤くなったり痒みを伴うことがあるからです。

 

スポンサーリンク

それに、ホルモン剤は脱毛の効果を弱めてしまう可能性があります。ホルモン剤は生理不順などといった婦人病を改善するために服用される方もいますので脱毛したいなという方は注意が必要です。

 

ただ、低用量ピルなら施術ができるサロンもあるので、店舗のスタッフに相談するのが適しています。

 

持病のある方はもしかしたら施術NGになる可能性もある

脱毛をしたい方の中には持病を抱えているケースもあるかもしれません。しかし、その病気によって施術をしてもらえない可能性もあります。

その例としては、アレルギーが挙げられます。

 

レーザーを使う脱毛の場合などでは想定外のトラブルが起きてしまいかねないため、脱毛ができないケースもあります。それに、飲み薬ではなく塗り薬を使用しているケースでも種類次第では施術不可となることが考えられます。

 

とは言え、医師の診断書がある場合や店舗でのカウンセリングによっては施術ができることがあるのであらかじめ確認するのが一案です。

 

まとめ

薬を飲んでいる方は脱毛時に過敏症を起こす可能性もあるため、施術が受けられないケースがある点を知っておく必要があります。

また、抗生物質や抗うつ・安定剤、抗真菌薬などが過敏症を起こすことがあるため注意しましょう。

 

それに、アレルギーなどの持病のある方は、施術ができない事がある点も把握しておかなければいけません。

 

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-注意点とデメリット
-,

Copyright© ザッキ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.