体毛や脱毛

【対策】毛深い子供の体毛はどうやって処理するのが正解?

投稿日:2017年9月6日 更新日:

スポンサーリンク



 

子供の中にも毛深い子もいるわけで、その「毛深い」という理由ででいじめに遭ってしまう可能性もないとは言い切れません。

そういったことのないようにするためにも体毛は子供であっても処理をするというのも一案なのです。

では、どういった方法が適しているのでしょうか。

 

カミソリや毛抜きは肌を黒ずませてしまう!?

カミソリなどは手軽に使えますし便利ではあります。しかし、カミソリ負けしてしまうことがありますし、剃り跡が黒い点々になってしまうことがあるのです。

また、肌へのダメージによって黒ずみができてしまうこともあるでしょう。

 

毛抜きの場合は、カミソリよりは長い効果が得られるのですが、やはりカミソリと同様に肌が黒ずんでしまうこともありますし、埋没毛になってしまうことも考えられます。

そして、なによりも処理に時間がかかってしまうという難点もあります。

 

完全無痛の脱毛を受けることが適している!

子供がムダ毛の処理をするなら脱毛をすることも手段の1つです。現在では、何と3歳の子供から脱毛をすることができるようになっているのです。それがディオーネというサロンです。

ハイパースキン脱毛という方法であり熱くありませんし完全無痛となっています。アトピー肌や敏感肌でも施術可能ですし、肌へのダメージもなく美肌効果もあるという点が特長です。

通う頻度は3週間から4週間に1度なので、そういった面での負担もないでしょう。

 

スポンサーリンク

 

なぜディオーネの施術が痛くないのかというと、ディオーネの脱毛法は毛が生える前の毛の種を特殊な光を用いて消してしまうという新型の手法だからです。高温で行う必要もなく38度という光の温度になっています。

 

脱毛以外なら脱毛・抑もうクリームを使ってみよう!

脱毛をすることはおすすめなのですが、それでもお金がかかってしまうという面や通っている暇がないということもあるかもしれません。そういった方であれば脱毛器を使うことや脱毛・除毛クリームといったものを使うのも手段です。

 

もし脱毛器を使うなら親御さんも一緒にいるときに使うようにして、子供の手の届かない場所に片づけることを気を付けることがポイントです。脱毛・除毛クリームを使うなら、植物性のものを選ぶと肌荒れを起こしにくいでしょう。

 

コントロールジェルME』だと顔にも使えて安心です。

 

まとめ

子供の体毛の処理をするならカミソリや毛抜きなどを使うのは肌を黒ずませることもあるため適していません。最近では、3歳から受けることのできる無痛の脱毛もあるので利用するのはいかがでしょうか。

 

もし脱毛に通うことができないなら、植物性の脱毛・抑毛クリームを使うことも適しています。

 

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-体毛や脱毛
-, ,

Copyright© ザッキ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.