脱毛はプロに任せよう!

シミやほくろに効果絶大のアレキサンドライトレーザー!その脱毛の効果や痛みなどは?

投稿日:2017年8月24日 更新日:

スポンサーリンク



 

医療機関で施術を受けられるレーザー脱毛がありますが、施術に使われる機械も色々とあります。その中にはアレキサンドライトレーザーと言う種類があります。

今回は、そのアレキサンドライトレーザーがどういった機械なのかについて探ってみたいと思います。

 

冷却ガスを使うのがアレキサンドライトレーザーの特徴!

アレキサンドライトレーザーは、1997年頃より日本でも導入されている機械です。アメリカのキャンデラ社が作った、アレキサンドライトと言う宝石が使われている点が特徴です。

アレキサンドライトレーザーでの脱毛は、ジェルを使うことなく冷却ガスを当てる手法となっています。

 

そのため、冷たいジェルが苦手だという方にも適しているのではないでしょうか。シミやそばかすといった色素沈着にも効果を発揮してくれるため美肌効果も期待できるでしょう。

 

痛みがあまりなく時間も短くて済むのも魅力!

アレキサンドライトレーザーの他にもレーザー脱毛法がありますが、その中でもアレキサンドライトレーザーは痛みが少ないという特徴があります。

照射をする都度、冷却ガスが噴射されるので、すぐに冷却できて痛みをあまり感じることもないですし皮膚へのダメージも軽減されるのです。

 

脱毛を体験した方によると、ワキの下だと冷風がかけられている様な感じで全く痛みがないという感想があります。ただ、場所次第ではチクチクとした僅かなかゆいような痛みがあるとしています。

 

スポンサーリンク

膝下に関しては、脂肪が薄い点もあってか、やや痛みはあるとのことです。また、1度の照射で直径1~1.5cmという部分の脱毛ができますし、20本から30本というムダ毛を処理できるというメリットもあります。

0.1秒という照射時間となっていて、全体的にも短い照射時間で終えられるでしょう。

 

アレキサンドライトレーザーにも注意点がある!

アレキサンドライトレーザーは、2000年にアメリカのFDAにおいてあらゆる肌に対応する永久減毛の許可を得ています。なので安心感はあるのですが、一時的とはいえアレキサンドライトレーザーにも副作用がないとは言えません。

 

治療後に毛穴が膨らんでいるように見えることや赤い斑点ができるケースもあるのです。もし症状が1週間以上続くようであれば、塗り薬や飲み薬を処方してもらうようにしましょう。

 

また、かゆくなっている時にかいてしまうと色素沈着を起こしてしまう可能性もあるため、注意も必要です。

 

まとめ

アレキサンドライトレーザーでは、ジェルではなく冷却ガスを当てる仕組みとなっている点が特徴です。また、全体として短時間で施術ができる点も見逃せないポイントではないでしょうか。

 

ただ、毛穴が膨らんで見えるなどの副作用が一時的に見られることもある点は、覚えておきましょう。

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-脱毛はプロに任せよう!
-, ,

Copyright© ザッキ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.