体毛や脱毛

体毛が濃い原因はタバコにもあった!!

投稿日:

スポンサーリンク



 

タバコを吸われている方もいらっしゃると思います。ただ、喫煙者の方は体毛が濃いという話もあるのです。

では、それは本当なのでしょうか。そこで今回は、タバコと体毛の濃さについて探ってみましょう。

 

タバコと毛にはどんな関係があるのかを知っておこう

抜け毛などの原因を探ると遺伝などの他にも生活習慣が影響していることが考えられます。生活が不規則になってしまうとホルモンバランスが乱れてしまい、抜け毛になってしまう可能性があると言われています。

 

それに、タバコにはニコチンが含まれています。ニコチンは血管を収縮させる作用があるため、頭皮の血行が悪くなってしまい抜け毛になってしまうことがあります。

頭皮に影響が出るのであれば身体のムダ毛も同様と思われます。

 

それなら、タバコを吸うとかえって体毛は薄くなるのではないかと思う方もいるかもしれませんが、実はそういうわけではありません。

ただ、タバコは反対に毛を濃くさせてしまうことがあるのです。

 

タバコを吸うことで女性ホルモンが減少してしまう!

タバコを吸うと女性ホルモンが減ってしまうということをご存知でしょうか。女性は男性に比べて体毛が薄い特徴がありますが、それは女性ホルモンの分泌量が多いことが理由です。

 

要するにタバコを吸うとホルモンバランスが崩れてしまうことから、毛が育つことに影響が出るということなのです。

スポンサーリンク

 

女性であれば卵巣で作られるホルモンのエストロゲンが減少することで体毛が濃くなってしまいます。

エストロゲンが減ると美容にも関わってきますので、女性の方であれば特に喫煙を控えることがおすすめです。

 

タバコが原因で脱毛の効果も出にくくなる可能性がある!

女性なら脱毛サロンやクリニックなどでムダ毛の処理をしている方も多いかもしれません。施術を受けるのであれば早く効果を感じられたなら嬉しいものでしょう。

しかし、喫煙者の方の場合は脱毛の効果もなかなか出にくくなってしまうのです。

 

ムダ毛は、『毛周期』という生え変わる周期がありますが、これはホルモンバランスの影響が出やすいです。そういったこともありタバコによってホルモンバランスの乱れていると、毛周期も均一ではなくなり脱毛の効果も十分ではなくなってしまうということです。

 

まとめ

タバコを吸うことはニコチンの作用で血管を収縮されるので毛が薄くなると思われがちですが、実際にはタバコは体毛を濃くさせることがあります。

また、タバコは女性ホルモンを減少させてしまうので体毛が濃くなることもあります。

 

さらに、タバコによりホルモンバランスが崩れると毛周期にも影響することから脱毛効果も得られにくくなることも考えられます。

 

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-体毛や脱毛
-, , , ,

Copyright© ザッキ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.