注意点とデメリット

ブラジリアンワックスでの脱毛の注意事項や注意点とは?

投稿日:

スポンサーリンク



 

ブラジリアンワックスという脱毛方法がありますが、まずはメリットやデメリットについても知っておく必要があるのではないでしょうか。

今回は、ブラジリアンワックスによってどういったメリットなどがあるのかについて迫ってみたいと思います。

 

再度毛が伸びてくる可能性があるし処理時に痛む!

まず、ブラジリアンワックスのデメリットについてお話します。

ブラジリアンワックスは2週間から3週間ほどで再度伸びてきてしまいます。よって、継続して処理をする必要があります。

 

夏場だけだしということもあるかもしれませんが毎年のように処理をするとなると、通常の脱毛サロンに通う方が費用を安く抑えることができる上に手間もかからないのです。

それに、毛を毛根から一気に抜くことになるため、かなり痛むことが予想されます。

 

毛穴が炎症を起こして化膿することもありえる!

ブラジリアンワックスでは、根元から抜くので黒ずみができたり毛穴に毛が残ってしまうことがありません。しかし、毛穴が赤く腫れあがってしまうことがあります。

見た目としては腫れているようには見えないものですが、毛が抜かれた毛穴はブツブツとなっています。

 

要するに、毛穴が炎症を起こしてしまっているということです。盛り上がった皮膚は元の状態にすぐに戻ることができずに、この状態は暫くの間続いてしまいます。そうなると、毛穴から細菌が侵入してしまい、化膿してしまうかもしれません。

 

スポンサーリンク

酷くなってしまうと、手術を要することになる可能性もあります。そういった点も知っておくことが大事であるということです。

 

色々な形にすることができるし肌色も選ばない!

医療脱毛や脱毛サロンでの施術などは、脱毛時の仕上がりの形を決めればずっとその形にしていくことになります。

しかしブラジリアンワックスは様々な形に挑戦することができますし、元の形に戻すことも可能です。臨機応変に対応できるということです。

 

それに、アンダーヘアを無くすと経血やおりものが固まることもないので、臭いが気になるということや夏の蒸れなども心配することがないということです。

医療脱毛や脱毛サロンでの施術はメラニンに反応するために、日焼けしている肌には利用することができません。しかし、ブラジリアンワックスは肌色を選ばないというメリットもあります。

 

まとめ

ブラジリアンワックスは、2週間から3週間ほどで再度毛が伸びてきてしまう可能性があります。また、毛を毛根より抜くことになるので痛みを伴うでしょう。

また、毛穴が赤く腫れてしまい炎症を起こすこともあります。

 

ただ、メリットとしては色々な形にデザインすることもできますし、日焼けした肌にも施術することができるという点があります。

 

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-注意点とデメリット
-

Copyright© ザッキ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.