顎に関する情報

顎がたるんで困る!そんな時にはどんな改善策があるのか

投稿日:

スポンサーリンク



 

顎がない方などは特に顎がたるんでしまうことや、たるんで見えることがあるかもしれません。

では、そんな時にはどういった改善方法を用いれば良いのでしょうか。

 

そこで今回は、顎のたるみについてスポットを当ててみたいと思います。

 

セレブもやってる!?咀嚼筋エクササイズとは

食事の際に良く噛むことはそれだけ顎のたるみを改善する要素になります。良く噛むと顎の筋肉が動くので、脳もより働くようになります。

唾液が分泌されやすくなることから消化の補助にもなるのです。

 

根菜類などを食べるとそれだけ噛む回数が増えますし、わざと食材を大き目に切って敢えて噛むように心がけるといった工夫も大事です。

まず、食べ物を口に入れてから15回ほど噛みます。

 

さらに、そのあとに上を向いて15回噛みましょう。噛んでいると実感のできる食べ物を選ぶこともポイントです。

 

咀嚼筋エクササイズはたるみに効果のある食材をチョイス!

咀嚼筋エクササイズで食べる素材は、顎のたるみに効果のあるものを選ぶことも大事です。

スポンサーリンク

顎のたるみは歳を重ねていくごとに肌の弾力などが衰えていくことで起こります。肌の内側にある弾力の成分であるコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸といったものが減ってしまうのです。

 

そうしたものが減ってしまわないようにするためには、ヒアルロン酸を補うために豚足や手羽先、エラスチンは煮魚、牛筋肉など、コラーゲンには軟骨や皮などといったものを摂ることがおすすめです。

 

クリニックでサーマクールを受けることも一案!

サーマクールという方法では、皮下脂肪が吸収されたり分解されることによって顔周りをすっきりとさせることが可能です。毛穴を引き締めることやにきびを治していくことも期待できるでしょう。

 

熱の作用によってコラーゲンの繊維が収縮して活発に働くようになります。そういったことから肌自体のハリも取り戻せるのです。フェイスリフトという、メスが使われない方法であり、レーザー光線の数十倍もあるというラジオ波を肌奥に届かせる表皮を傷つけません。

 

真皮層の内部のコラーゲンを増やすことでたるみやしわを改善していくのです。

 

まとめ

顎のたるみ改善なら固めのものを噛む咀嚼筋エクササイズを行う方法があります。とにかく噛むことが大切なのです。

その他には、サーマクールでメスを使わないラジオ波の治療法もありますのでご検討なさってみてはいかがでしょうか。

 

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-顎に関する情報
-, ,

Copyright© ザッキ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.