改善 顎なし

顎なしを解消するためにも!鼻呼吸にするための技とは

投稿日:

スポンサーリンク



 

顎なしの解消をするためには鼻呼吸にする必要があります。口呼吸は顎なしを加速させてしまうからです。

では、どういった方法で鼻呼吸をすれば良いのでしょうか。起きている間にできる体操や寝る時にできる対策などについて考えてみましょう。

 

口を動かして体操をすると治せる可能性がある!

日中も口呼吸をしてしまう方は口の筋肉を鍛えましょう。

まず、”あー”と言って大きく口を広げましょう。そして、”いー”と言って口は横に開きます。続いて”うー”と言って口をすぼめます。

 

さらに最後には”えー”と言い全力で舌を前に突き出しましょう。毎日続けていくことが大事になります。そうしていくと、顎に筋肉が付いて口呼吸も改善されるでしょう。

 

効果的ですので試してみてはいかがでしょうか。

 

寝る時注意!ダニを吸ってしまうと危機感を持つ事も大事

寝るときに入るお布団には、ダニがどうしても潜んでいるものです。それに、少なからずほこりもあるでしょう。

もし口呼吸をしていると寝ている間にそのダニやほこりなどを吸ってしまう危険性があるのです。

 

それは体にとっても良くないことです。そこで、鼻呼吸に改めることで有害物質を体内に取り込む危険性も少なくなると言えるでしょう。

そのため、口呼吸をすればダニなどを吸ってしまうと意識することで自然と口呼吸もしなくなるのではないかと考えられます。

 

ただ、あまりに力み過ぎることなく自然な状態で鼻呼吸に移行することが望ましいです。

スポンサーリンク

 

睡眠時はマスクや枕についてもポイントあり!

寝る時にマスクをすることも口呼吸を防ぐ方法になります。

ポイントは、鼻にはマスクを被せないで口だけにマスクをするという点です。口の中を乾燥しないようにしてくれますし、風邪の予防などにも適しています。

 

また、寝る時には枕が重要な役割を担ってくれますが、鼻呼吸をしてくためにも重要なポイントです。

枕の高さは、合っていないと気道をふさいでしまいます。気道が圧迫されてしまうことで口呼吸になるのです。

 

好ましいのは枕の高さが床と顔の高さが並行になることです。タオルを挟んで高さを調節するという方法でも良いでしょう。他にご紹介した方法もそうですが、お金もかからずに手軽にできる対策法なのです。

 

日中や寝る時など、いつでも気を付けることで(気が休まらないと思われるかもしれませんが)、口呼吸が改善して、顎もしっかりとしてくるのではないでしょうか。

 

まとめ

顎を発達させるための口呼吸改善の仕方としては、顎を動かす体操をすることも1つの手段です。

顎の筋肉が発達するでしょう。また、寝る時などにダニを吸ってしまうという危機感を持つと、自ずと鼻呼吸を心掛けるようになれます。

 

さらに、マスクをして寝ることや枕の高さに気を配ることも鼻呼吸にして顎なしを改善する方法になるのです。ぜひ、試してみてください。

 

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-改善, 顎なし
-,

Copyright© ザッキ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.