しゃくれ 原因

赤ちゃんの時の枕が原因!?顎の歪みでしゃくれを作る根本原因

投稿日:

スポンサーリンク



 

顎がしゃくれていると、その原因が気になるものでしょう。日々の生活習慣なども考えられるのですが、原因は他にもあるのです。

そこで今回は幼い頃の枕の使い方に問題があり、顎がしゃくれるというケースについてお伝えいたします。

 

しゃくれの原因は赤ちゃんの時の枕!?

顎がしゃくれてしまう原因としては様々考えられますが、赤ちゃんの頃にも原因が潜んでいることがあるのをご存じでしょうか。

 

赤ちゃんは仰向けで寝かされることが多いことから、絶壁になる傾向があります。

絶壁になることを懸念して、うつぶせ寝をさせることも多かった時もありますが、窒息などの危険性もあることなどから行われなくなっています。

 

仰向けで寝かされた状態での枕の当て方でもしゃくれになる可能性があります。

頭の上側にだけ枕を当てると頭の上だけが持ち上がることから顎が首に押されてしまい、前に出て来るので、顎も前に出るのです。

 

顎がしゃくれた人の顔の特徴とは?

しゃくれた顎の人には頭の形などに特徴があります。額付近から頭頂部にかけて斜めに傾斜があり、上がっていることです。

頭が斜めに上がっているということで、より顔が長く見えることがありますし、大きさも増してしまうこともあります。

 

さらに、絶壁となっている部分と頭頂部の間に小さくて平らになっている部分もあるのです。顎先の骨に触れると前に突出していることがわかるかと思います。

 

スポンサーリンク

それでも、しゃくれが悪いということでもなく、シャープな顎は綺麗に見えることでしょう。

 

しゃくれを予防するためには!?ドーナツ枕も有り?

赤ちゃん用の枕で、ドーナツ枕というものがあるのをご存じでしょうか。これは、赤ちゃんが絶壁にならないようにするためのものです。

頭の向き癖を治すためにも使われます。この枕には中心に穴が空いているので、絶壁の懸念なく赤ちゃんが仰向けになって寝ることができます。

 

この枕を使用するのは、2カ月から3カ月頃の赤ちゃんからとなっていますので、その位の月齢の赤ちゃんに使ってあげると良いでしょう。

 

とは言え、必ず必要なアイテムだということでもありません。絶壁になってしゃくれ顎にしないために使うと便利なのです。

赤ちゃんがいらっしゃるなら、試してみるというのも1つの方法と言えるでしょう。

 

まとめ

顎のしゃくれは、赤ちゃんの頃に頭の上部にだけ枕が当てられたことにも起因していると言えるでしょう。

しゃくれの方は、頭の上部が後ろに行くにしたがって上に傾いていることも特徴となっています。

 

もし対策をするとしたら赤ちゃんの頭にドーナツ枕を当ててあげるという方法はいかがでしょうか。

 

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-しゃくれ, 原因
-,

Copyright© ザッキ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.