改善 顎なし

顎なしで鼻が低いなら!鼻呼吸をするために腹式呼吸を会得しよう

投稿日:

スポンサーリンク



 

アデノイド顔貌であり、顎なしので鼻までも低いということをコンプレックスに感じている方も少なくないのではないでしょうか。

顎なしの状態は鼻呼吸を心掛けていくことで改善することができますが、どういった方法で改善していけば良いのでしょうか。

 

鼻呼吸をするなら腹式呼吸が適してる?

鼻呼吸をしていくと顔が引き締まって小顔効果も期待できるのです。また、鼻筋が通るという効果も望めるでしょう。

鼻は顔の中心にあるものですし、その人の印象も鼻1つでも変わってしまうのではないでしょうか。

 

鼻呼吸で鼻筋まで通るのならば、ぜひ今から鼻呼吸を実践していきたいものです。この鼻呼吸を実現するためには、腹式呼吸をすることも一案なのです。

 

合唱などでも基本となっている、あの腹式呼吸です。

では、腹式呼吸とはどういったものなのでしょうか。

 

やってみよう!腹式呼吸の方法とは?

腹式呼吸は息を吸うとお腹が膨らみ、息を吐いた時にはお腹がへこむという点が特徴の呼吸法です。

まず、鼻からゆっくりと息を吸いましょう。背筋を伸ばすという点がポイントです。

 

この時には、おへその下にある『丹田(たんでん)』という場所に空気を溜めていくように行い、お腹を膨らませますのです。

続いて、口からゆっくりと息を吐いていきましょう。徐々にお腹がへこむことを意識します。

 

スポンサーリンク

吸う時よりも倍ほどの時間をかけて吐くことも大事な点です。回数については、初めのうちは1日で5回ほど行うようにして、慣れてきたら10回から20回ほどするようにしましょう。

 

とは言え、無理なく行うことも大事なので体調を見ながら行うようにすることが適しています。

 

腹式呼吸のメリットは鼻呼吸になれるだけじゃない!

深く呼吸をすると副交感神経を優位にしていくことができますし、自律神経の働きを良くすることができるのです。それによって、リラックスをすることができますし、良く眠ることができるでしょう。

 

そして、胃腸の働きも活発にすることが可能になります。息を鼻から思いっきり吸うことで、酸素も沢山取りこまれるので、ストレスも少なくなって、体の代謝や血行も良くなってくれるでしょう。

 

腹式呼吸は、鼻呼吸をすることで顎なしや鼻が低いことの改善にも繋がっていくだけではなく、健康上で様々なメリットがあるということなのです。

 

まとめ

鼻呼吸をすることは顔が引き締まりますし鼻筋が通る効果も期待できます。そのためには、腹式呼吸がうってつけなのです。

腹式呼吸は、鼻から息を吸い、お腹を膨らませてゆっくりと口から息を吐いて行く方法です。

 

息を吐く時には、吸う時よりもゆっくりと行うことがポイントです。

 

腹式呼吸は、リラックス効果や安眠効果もあります。顎なしで鼻が低い方にも適していますし、それ以外の効果も得られる嬉しい呼吸方法と言えるでしょう。

 

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-改善, 顎なし
-, , ,

Copyright© ザッキ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.