改善 顎なし

顎が小さいと二重あごになりやすい!その改善方法とは?

投稿日:

スポンサーリンク



 

女性だと特に顔が小さいと羨ましがられたり、顔が小さい方に憧れることもあるでしょう。顔が小さいということは、顎の面積も小さいことが考えられるのではないでしょうか。

そのことから顎が二重になってしまうのです。

 

そこで今回は、二重顎の改善方法について探っていきたいと思います。

 

二重顎は骨格の問題が大きい!

二重顎になってしまうのは下顎が小さいなど骨格の問題もあるのですが、骨格が原因であればヒアルロン酸やシリコンプロテーゼを利用して改善することも可能です。引っ込んでいる顎を前もしくは斜め下に出すことができるでしょう。

 

そうすると、オトガイ(下顎の先端)から舌骨(ぜっこつ・顎や首の多数の筋肉が付いている、喉仏の上にある骨)の間の筋肉や皮膚、そして脂肪のたるみも解消されるのです。

二重顎もそれで改善されるわけです。

 

簡単な施術で二重顎も改善されるのは嬉しいのではないでしょうか。

 

顎を出すならヒアルロン酸注入などがある!

特に顎を出すことができるのはヒアルロン酸注入よりもシリコンプロテーゼの挿入です。

とは言え、顎を出し過ぎてしまうと顔も長くなってしまうことも考えられるので、施術を受ける場合には注意をすることも大事です。

 

ヒアルロン酸注入であってもシリコンプロテーゼを入れるのであっても、舌骨の位置を動かすことはできません。

 

スポンサーリンク

よって、舌骨が下にあると言う方は、完全に二重顎を治すことはできない可能性もあります。

施術を受けるなら、以上の点も把握した上で受けるようにすることが大事になるでしょう。

 

話すことや良くガムを噛むことも二重顎解消法!

また、1人暮らしをされている方も多いかと思いますが、それも二重顎を誘発していることをご存じでしょうか。1人で住んでいると家では話す相手がいなくなります。

その影響で顎を使う機会が極端に減ってしまうのです。

 

なので、なるべく日中は職場の人などと話す機会を持つことも大事です。もし日頃あまり顎を使わないなと思われるのでしたらガムを活用することも一案です。味が長く持つもので、『噛んでるな』という実感が持てるものをチョイスしましょう。

 

ガムを噛むにしても、筋肉を鍛えるために5秒から7秒ほど噛んだら止めるということを5回行うことから始めるというトレーニング方法もあります。

ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

二重顎は骨格の問題もあります。もし治すならヒアルロン酸注入やシリコンプロテーゼ挿入という方法も有効です。

また、日常的に改善していくのであれば人と会話して顎を良く使うことやガムを噛むなどといった方法もあります。

 

あなたに合った方法で二重顎を改善していきませんか。

 

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-改善, 顎なし
-, ,

Copyright© ザッキ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.