しゃくれ 原因 改善

しゃくれで顎関節症に!?その原因や治す方法に迫る!

投稿日:

スポンサーリンク



 

顎がしゃくれていると気になってしまって気分まで内向的になってしまうかもしれません。しかし、顎のしゃくれが原因で起こる弊害はそれだけではないのです。

その弊害というのが顎関節症です。

 

そこで今回は、顎関節症というものについてから顎がしゃくれていることで、結果として顎関節症になってしまう原因やその治療法についてご紹介したいと思います。

 

顎関節症って何だろう?

顎関節症は顎の関節周辺において、何かを原因として顎に痛みを生じることや口が開かなくなってしまうようになる症状のことを言います。

この顎関節症は治療を必要としなくても治るケースもあれば、放っておくと悪化してしまうこともあります。

 

もし悪化してしまったなら口が開けられなくなることや、噛む際に痛みが走るなどといった症状が起こることから普段の生活にも影響が出てしまうのです。

 

この顎関節症は、頭痛や食欲がなくなってしまうといったことの要因にもなるので覚えておきましょう。

 

どうなの?しゃくれ顎で顎関節症になる?

しゃくれ顎だからと言って顎関節症になるというわけではありません。ですが、顎関節症になる原因の1つに、噛み合わせの悪さというのがあります。

 

噛み合わせが悪いと顎関節症になる要因になるということです。

噛み合わせが悪いとしゃくれの原因にもなることから、結果として噛み合わせが悪くて顎がしゃくれてしまっている方は噛み合わせという原因自体を有しているので、顎関節症を起こす危険性を孕んでいるということです。

 

顎関節症はどうやって治療するの?

顎関節症を治す方法は治療する箇所によって変わってきます。

顎自体に関する治療の場合は、保存療法として、マウスピースを用いる方法や顎の周りを温めるという方法が採られます。

 

手術をするなら関節腔洗浄療法や関節鏡手術という手段があります。また、マッサージや整体で関節をコントロールするという方法もあります。

 

歯を治療するという方法がありますが噛み合わせが悪い場合は、歯を削ることや高くするといった手術が行われるでしょう。

歯を削るだけなら数百円ほどから二千円くらいでできるでしょう。

 

スポンサーリンク

矯正をするとなると七十万円から百五十万円ほどかかります。顎の治療をするとすればマウスピースを用いるなら五千円から一万円ほど、整体やマッサージをする場合は四千円から八千円ほどになります。

 

顎の周りを温めるなら数百円から二千円ほどで治療ができるでしょう。

 

顎関節症の対策法や予防する手立てとは?

顎関節症の対策としては様々なものがあります。

頬杖をつかないことや唇をかむ癖、顎を多く動かさない、不意に歯を食いしばらないことなど、あなたの癖をやめることも対策の1つとなります。

 

また、猫背などの悪い姿勢が原因で顎関節の場所がずれてしまうこともあるので気を付けましょう。さらに、顎関節症によって顎に痛みがある場合は、固い食べ物や大きい食べ物は控えるようにしましょう。

 

左右の奥歯を使ってゆっくりと咀嚼する事も大事です。また、食べている時に水分を多く摂ることは、胃液を薄くしてしまい、消化にも影響がでるので、食事中はあまり多く水分を摂ることは控えることが必要です。

 

そして、あなたは規則正しい生活をしているでしょうか。規則正しい生活をすることで体自体も良いサイクルとなるものです。食事の栄養や睡眠といったものは非常に大切にしたいポイントです。

 

これらのサイクルが乱れると自律神経にも影響が出てしまいます。これは、自然治癒力の低下などを招きます。

さらに、ストレスも要注意です。現代においてはストレスも多いでしょうけれど、ストレスは溜めない様に心掛けることが大事です。

 

以上のことに気を付けることで顎関節症の対策の1つとなるでしょう。

 

まとめ

顎関節症は顎がしゃくれていることも原因となります。それは、しゃくれ顎は噛み合わせが悪いことがあるからです。

顎関節症を治療する方法は、歯を治すものと顎を治療する方法があります。

 

顎関節症にならないためには日常生活にも気を付けることが大事です。

 

頬杖をつかないことなどの些細なことから睡眠に関することまで、顎関節症にならないためにも日頃から気を付けて行きたいものです。

 

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-しゃくれ, 原因, 改善
-

Copyright© ザッキ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.