体毛や脱毛

IPL脱毛とSSC脱毛の違いを知っておくことが脱毛の近道

投稿日:2017年8月26日 更新日:

スポンサーリンク



 

脱毛の種類にも色々とあります。数多くの店舗がある脱毛サロンでは光脱毛が行われていますが、その光脱毛にも種類があることをご存知でしょうか。

良く知られているのが【IPL脱毛】と【SSC脱毛】ですが、これらには一体どういった違いがあるのか見ていきたいと思います。

 

IPL脱毛では色白効果が見込め痛くない点が特徴!

IPL脱毛の機器では、キセノンランプというランプが使われます。シミやそばかすなどのフォトフェイシャルの治療にも用いられるライトであり、色白効果も期待できる点が特徴です。

IPL脱毛が採用されているのは銀座カラー及びエターナルラビリンスです。

 

シースリーでは『ルネサンス』という国産の脱毛器が採用されていて、IPL脱毛であると明言はしていないものの脱毛原理はIPL脱毛と一緒です。

また、IPL脱毛はレーザー脱毛に比べると痛くないという特徴もあります。IPL脱毛では、色の黒い方だと痛みが多少強くなる可能性があります。

 

 

SSC脱毛ではジェルを用いる点がIPL脱毛との違い

SSC脱毛は『Smooth Skin Control』のことであり、イタリアのDEKA社によって開発された機器です。毛乳頭に作用して脱毛を行う点はIPL脱毛と同様ですが、ジェル(毛の成長を抑える成分が含まれる)を塗りその上より光を当て、ジェルとの相乗効果によって抑毛をする点が、IPL脱毛と異なる点です。

 

ジェルの中には、『トレジャービーンズ』と呼ばれるカプセルが入っていて、そのカプセルに光が働き、カプセルの膜が破れて有効成分が毛穴に浸透していくとされています。IPL脱毛のキセノンランプよりも肌に優しいとされる、『クリプトンライト』が用いられています。

 

スポンサーリンク

よって、痛みが少なく産毛に対しての効果も見込めるのです。

 

 

SSC脱毛でVIOの施術をするなら効果が出にくい可能性あり

SSC脱毛でVIOの施術をする場合は効果が出にくいという面があります。よって、VIO脱毛をしたいのであればIPL脱毛が適しています。

もしIPL脱毛でVIOの施術を受けるとしたら、エステティシャンの方とのコミュニケーションが大事です。

 

最初の頃だと、エステティシャンもどの程度の強さで照射すればよいのか分からない点があります。そのため、あまり強く照射をしたくないものです。

そういったことから、段々と強くしてもらうようにして3回目辺りで強度を最高にしてもらうように対話をすることがポイントになります。

 

まとめ

IPL脱毛では、フォトフェイシャルでも用いられるキセノンランプが使われ色白効果も見込めるでしょう。SSC脱毛ならジェルを塗りそのうえから光を当て抑毛をします。

痛みが少なく産毛にも効果が得られます。

 

SSC脱毛はVIOラインの施術の場合はなかなか効果が出にくいという可能性があります。スタッフの方と相談し段々と強度を上げてもらうのがポイントです。

 

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-体毛や脱毛
-, , , ,

Copyright© ザッキ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.