コミュニケーション

仕事を頑張るママと子どものコミュニケーションの取り方

投稿日:

スポンサーリンク



 

働くママたちの大きな悩み…

それは、子どもとのコミュニケーションが取りにくいことです。

 

そもそも物理的に時間がないですし、子どもと接する時間のほとんどは、食事やお風呂、片付けなど何かしらしていますよね。

 

そんな時間をどう過ごすかが、子どもとのコミュニケーションをとる鍵となります。

 

 

『ながら育児』のすすめ

e814591819558b25165058f5b2ff24b7_s

 

食事をしながら会話をしたり、お風呂に入りながら遊んだり、片付けしながらママの思いを伝えたり、寝る準備をしながらその日の出来事を聞いてあげるのも良いでしょう。

 

女性は同時進行が得意ですから、何でも「やりながら」を意識すると時間が2倍にも3倍にも増えます。

 

ただし、出来るだけテレビは消しておきましょう。

 

テレビを消すことで子どもがママとの会話や遊びにより集中出来るため、充実したコミュニケーションが取れるようになります。

 

量より質の時間を

0a11264cada05ddfc5e1ac8a015056aa_s

 

とは言え、実際なかなか余裕がないこともよくありますよね。

時間がないから気持ちにも余裕が持てなくて、帰宅後は食事とお風呂で精一杯…。

 

働くママなら誰もが経験する焦りです。

 

どうせ同じ時間を過ごすなら、3分が5分にも10分にも感じられるような密度が濃く、質の高い時間を過ごしたいと

思うママも多いはず。

 

では、どうしたらそのような時間になるのでしょうか?

 

 

どうしても時間がなければ、30秒だけ…

9f5b05dc73e7d29f71618d52fbf65889_s

 

スポンサーリンク

30秒だけ、子どもとハグをしませんか?

 

どんなに忙しくても、30秒なら出来そうですよね。

しかも、ただハグをするだけ。

 

本当にそれだけで良いの!?と思いますよね。

 

でもたったこれだけでお互いのストレスを解消し、幸せを感じ、絆も強くなるんです。

 

人間はハグを30秒するだけで脳内で幸せホルモンや快楽物質がどんどん出てきて、何と、一日のストレスの3分の1が解消されるそうです。

 

30秒で3分の1解消されるなら、もっとハグしたら一日分のストレスが全部、解消されるかも知れませんね。

 

それに、ストレスが溜まっているとますます気持ちに余裕がなくなり、イライラが募る一方ですからコミュニケーションが取れてストレスも解消されて、

しかも時間もお金かけずに、密度が濃く、質の高い時間になるなんて

こんなに良いことはないですよね。

 

 

ハグで過ごす最高の時間

34fcde8f29eb464f46efc9965dfbc90e_s

 

ハグをするだけで、脳には様々な良い影響が出るのでコミュニケーションが取れるだけではなく

子どもの精神が安定し、心身ともに発達を促します。

 

また、ママからの免疫力が子どもに伝わるため、子どもの免疫力も上がります。

 

免疫力が上がれば、突然子どもが体調を崩して仕事を休まざるを得ない…なんてことも減りますから

そういった仕事への負担やストレスも軽減されるため、ママはますます気持ちに余裕が出来るでしょう。

 

そして余裕が出来れば、もっともっと日頃のコミュニケーションも楽しめるようになりますよね。

 

なかなか子どもと接する時間が取れない時には、一番の方法ではないでしょうか。

1日30秒のハグコミュニケーション、おすすめです。

 

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-コミュニケーション
-, ,

Copyright© ザッキ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.