片付け

片付けをやらない子どもにイライラ!そんな時、私なら・・・。

投稿日:

スポンサーリンク



 

 

毎日、毎日、おもちゃで遊んでは散らかし放題の我が子。

散らかすだけならまだマシだけど、まったく片付けようとしないそんな我が子に腹が立ちイライラが募る毎日。

 

今回はなぜ、子どもは片付けようとしないかの原因を解明し、私なりの解決方法を考えてみました。お片付けが出来ないお子さんでお悩みのお母さん方に参考になれば幸いです。

 

 

子どもはなぜ散らかす?

Young boy in messy bedroom

恐らくどこのご家庭でも同じでしょうが、おもちゃを出したら出しっぱなしで全く片付けをやろうとしない子ども達、本当に困ったものですね。

だけど、子どもって散らかすのが当たり前。
そもそも、子ども自身は『散らかしている』といるという認識はなく、遊びの延長でただそこに置いているだけなんです。

よく大人の方で片付けない事を指摘するとほとんどの方が『使いやすいようにそこに置いているだけ』と言いますがそれと同じなんです。

ただ、大人のそれは本当に『言い訳』なんですが・・・。

 

 

では、散らかすだけ散らかし片付けない原因とは?

da0e89edcfcd8d98738ba9a42c5a58bd_s

片付けないではなく、片付けられないのです。
よく考えてみてください。
お子さんが散らかして、最終的にイライラしながら子どもを怒りながらおもちゃを片付けているのはお母さんやお父さんです。

その為、子どもとしては『お片付けはママやパパがやってくれる。』と勘違いしてしまうのと日頃から片付けてもらっているので片付け方やどこに片付けていいのかわかっていないのです。

 

または、可愛い我が子の為に与えたおもちゃの量が多すぎて、そのおもちゃの収納場所が足りていないのも原因の一つとして上げられます。

そして、一番の原因が片付けることに対してのメリットが子どもにとって全く感じられられないのも大きく関わってきます。

 

 

子どもが積極的に片付ける方法

588d14668d9351ccbc1e3a303064e664_s

スポンサーリンク

片付けてる事に対してのメリットを教えてあげることです。

まず、片付ける際には必ず子どもと一緒に片付けることですが、ここで一つポイント。
一緒に片付けを行う際は楽しく、そして子どもを褒めながらやってください。

 

遊びの一貫で楽しく一緒に片付ける事によって『片付けは楽しい』と思わせる事が大事であるのと片付けること事態も遊びの一種と感じさせることで片付けが自然と体に染み付いてきます。

また、子どもが片付ける時はしっかりと褒めてあげることでそこでまず子ども自身、『片付けをやるとママから褒められるんだ』とメリットを認識させます。

 

そして、片付けている最中だけではなく常に日頃から部屋や日々の何気ないちょっとした小さな片付けをやった時もしっかりと褒めてあげること。

ある程度、大きくなってくると「探し物がみつかりやすい」「場所が広く使いやすい」「友達を自宅に招きやすい」といったメリットも伝えていきます。

こうして、とにかく片付ける事にこれだけメリットがあるんだと思わせることが大切です。

 

 

子どもは散らして片付けないのが当たり前

YUKI150321030I9A4474_TP_V

 

片付けないからといって、怒鳴ったり、叱ったりするのは簡単です。
片付けないからといって、親が手っ取り早く子どもの代わりに片付けてしまうのも簡単です。

しかし、その行為は子どもを『片付けないではなく、片付けられない子ども』に育ててしまい兼ねません。

そうなると片付けない子どもにイライラが募り、ストレスが溜まるといった悪循環になってしまいます。

子どもって本当に単純でたくさんのメリットを伝えることで大きく成長するもので逆にデメリットばかりだと全くといって成長しない傾向にあります。

確かに時と場合によっては、デメリットを植え付ける事も必要ですが、褒めてメリットを感じさせることが一番大切だと思います。

 

「片付けなさい!」と険しい表情で怒るよりも
「ママも一緒に手伝うからお片付けやろうね」と笑顔。

 

あなただったらどちらがいいですか?
私だったら楽しく一緒に片付ける方がいいかな。
片付けに限らず、子育て全般に言えることですが『楽しく』やっていきましょう!

 

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-片付け
-, ,

Copyright© ザッキ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.