人を思いのままに動かす心理学

人を褒める時は、間接的に。さすれば自分の好感度もUP

投稿日:2016年3月11日 更新日:

スポンサーリンク



あなたは、手のかかる部下や面倒な後輩はどのようにてなずけていますか?

また、苦手な人やそこまで親しくない人となんらかの理由で一緒にやっていかないといけない時、

そんな、部下や後輩、苦手な人をてなずけ、尚かつ、そんな相手から好感度が上がる方法をお教えいたします。

 

 

苦手な人の心理を操る

世の中には、自分を悩ませる相手が存在するものです。

会社の部下や後輩、もしくは何らかの理由で接しなければならない人。

自分の言うことを聞き入れ、気が合い素直であれば何も問題はありませんが、そうはいかない現代社会。

そんな人たちを自分の思い通りに操ることが出来れば、余計なストレスも溜め込むことなく、楽なものです。

 

 

間接的に褒めて、好意を持ってもらう

今回は、困った手のかかる部下や後輩を例えに解説していきます。

例えば、そんな部下や後輩が自分の周りの仲間や同僚から

「〇〇先輩が君のことを褒めていたぞ。見込みがあり、できる奴だと」

「先月の営業成績、部長がえらく褒めてたみたいだよ」

会社に限らず、学校や様々な場面で間接的に他の人から自分に対しての高い評価を耳にして、ほとんどの人が嬉しいはずです。

とくに自分とはそこまで親しくない人や自分自身あまり好きでない相手となると尚さらその効果は大きいはずです。

「自分のことを見ていてくれて、意外といい人なんだなぁ」と今まで以上に好印象を持ち、接してきます。

 

 

スポンサーリンク

ウィンザー効果で自分への好意の強調

今回のように直接褒められるよりも、間接的に第三者の人間から褒められ、自分に対して好印象をもってもらうことを『ウィンザー効果』と呼ばれ、自分の受け取る好意が強調されることになります。

この『ウィンザー効果』のウィンザーは、あるミステリー小説の登場人物である、ウィンザー公爵夫人が作中で言ったセリフで「第三者からの褒め言葉はどんな時にも一番効果があるのよ、忘れないでね」が由来とされています。

 

 

まずは相手のことを気に入りましょう

自分自身を気に入ってもらいたかったら、まず相手のことを気に入ることから始まり、その相手と仲の良い関係の第三者に好印象を持ってもらえそうな話をしてみましょう。

その行為はさらに強調され、相手に伝わり、好印象をもってくれるはずです。

 

 

まずは相手を肯定して、好意の返報性の活用

は全く意識していない相手のことでも、第三者の口から自分に対して好意を持っていると伝えられると好感をもってしまう傾向があり、それを『好意の返報性』と呼びます。

自分を肯定してもらいたければ、まずは相手を肯定し、そのことを第三者によって間接的に伝える手法です。

 

 

苦手な人もOK!陰で褒めるだけ

相手が同性・異性問わず、その相手のことに好印象を持つのはなかなか難しいことで、世間にはそれが苦手な人もいるでしょう。気になる人がいれば、まずは先にこちらから相手に好意があることを間接的に伝えることが重要です。

陰からコソコソと褒めて、上手に相手の心を操作していきましょう

 

 

一言アドバイス:

人とは褒められて嫌な気持ちになる人はいない。好感度を上げるなら褒めてあげよう!

 

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-人を思いのままに動かす心理学
-, , , , ,

Copyright© ザッキ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.