女子力UP

現代の恋愛に適応するプリンセス

投稿日:

スポンサーリンク



 

ディズニーのプリンセスと聞いたら、あなたは誰を思い浮かべますか?

 

  • アラジンの「ジャスミン」
  • 白雪姫の「白雪姫」
  • 美女と野獣の「ベル」
  • シンデレラの「シンデレラ」
  • リトルマーメイドの「アリエル」

 

これらはあくまでも、ディズニー映画の中に出てくるプリンセスの一例ですが、世の中、本当にたくさんのプリンセスがいますよね!

たいてい、プリンセスがいるならば、その対となるように、カッコイイ王子様もセッティングされていて、二人の恋愛が展開されていきますよね。

 

映画のような素敵な恋愛がしたい

fireworks-1095378_640

そんなロマンチックな恋愛像をしたい!という女性も多いでしょう。

ですが、最近大ヒットしたアナと雪の女王という映画では、「エルサ」というプリンセスがいるものの、これまでの他の映画のような恋愛ストーリーは展開されなかったですよね。

というか、恋愛の片鱗すら無かったような・・・。

 

しかし、なぜ、これまでとは違ったストーリー展開をした映画がヒットしたのか。

それはきっと、「エルサ」のような女性に憧れている女性が多いということを示唆しているのではないでしょうか?

 

この記事では、現代の複雑な恋愛事情に適応するプリンセスとして、「エルサ」の例をご紹介したいと思います。

 

アナと雪の女王の「エルサ」

main (1)

あれだけヒットした映画ですから、この記事を読んでいるあなたも、「エルサ」についてはよく知っているかもしれませんね。

 

「エルサ」は一言でいえば、「周りから期待された役割に従い続けることに辟易した女性」です。

 

・・・何だか、この記事を読んでいるあなたにも、通じるものがあるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

 

恋愛の場では、いまだ根強く残っている男女性別役割分担に沿った恋愛をすることが求められ、仕事の場ではいったん総合職になれば、男性と肩を並べて働くことが求められ、結婚や出産という場では、共働きで過労寸前まで働くことが求められる、というようにです。

 

ありのままで…

1428653293028

この映画で使われている「Let it go~ありのままで~」という曲の歌詞を見てみましょう。

 

「ありのままの姿を見せるのよ」

「ありのままの自分になるの」

「これでいいの 自分を好きになって」

 

何だか、これらの歌詞からは、女性の叫びが聞こえてきませんか?

 

そう、いまだに根強く残っている男女性別役割の期待や、あらゆる場面の中のしがらみから脱け出し、自分らしく好きに生きていきたい、という女性の想いです。

 

これを踏まえると、なぜこの映画がヒットしたのかということが、何となくわかる気がしますよね。

そして、現代の複雑な恋愛事情に適応するプリンセスがいるとすれば、まさに「エルサ」のような、確固たる信念を持っている女性なのではないでしょうか?

 

現代女性はまさに『エルサ』

frozen-ao-vivo-20141014175826

ディズニー映画の中には、色々なプリンセスが登場しますが、その中でも「エルサ」は良い意味で異色な女性ですよね!

彼女をモデルにすれば、現代の複雑な恋愛事情でも、サバイバルすることができるかもしれませんね。

この記事を読んでいるあなたは、いかがでしょうか?

 

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-女子力UP
-,

Copyright© ザッキ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.