女子力UP

幸せになるにはメイクから!ちょっとしたコツで愛され顔に

投稿日:

スポンサーリンク



 

メイク次第で女性の雰囲気は大きく変えることができます。

難しいテクニックを駆使すればそれこそ整形レベルでの変化も可能ですが、急に顔が変わったのでは周囲の方たちも驚いてしまいます。

ここでご紹介するのは、少しだけ「いつもよりも何だか可愛くみえる」というメイクのコツです。

ちょっとしたコツで印象をアップしましょう。

 

アイシャドウのベースは薄いピンクでふんわり明るく

fashion-girl-makeup-paint

アイシャドウを塗るときに、二重の幅だけに色を置くという方が多くいますが、印象として大切なのはアイシャドウベースです。

ピンクといっても濃いものではなく桜色程度のもので、パールは入っていても無くてもお好みでかまいません。

 

ピンクのアイシャドウをアイホールまでにふんわりと塗ることで、目元の印象が明るく柔らかくなります。

涙袋にも薄めに塗ると、桜色が明かりを反射して白目の部分を綺麗に見せてくれますよ。

 

チークはこめかみと顎にもほんのすこし乗せて健康的な色気を

brush-makeup-make-up-brushes

人は好きな人の前でドキドキすると、血流が良くなるのでこめかみと顎先がほんのすこし赤みがさすのですが、それをメイクで行います。

ふだん頬に使っているチークと同じものでかまいません。

チークを塗るというよりも、ほんの少しだけポンポンと乗せるといった感覚です。

 

スポンサーリンク

相手から見るとすこしだけ肌が上気したように見えるので、可愛く見えるというわけです。

こういったささやかなメイクが、顔全体の印象を結構変えるのです。

 

口紅は指でトントンと叩き込んで自然になじませて

love-heart-makeup-beauty

紅筆に取るのではなく指でトントンと叩き込むことによって、唇の縦皺までしっかりと色が入ります。

しかし、筆のように均等に色が乗るのでは無くてナチュラルに仕上がるので圧化粧感はありません。

韓国のモデルさんがよくしているメイクなのですが、自然な小悪魔感がでて唇が魅力的になります。

 

ナチュラルからもう少しキッチリ感を出したいときには、透明~淡い色のグロスを追加しましょう。

口紅はあいまいなラインでふんわりと色づいていても、グロスで輪郭を取れば品が加わります。

 

 普段のメイクも使い方次第

pretty-woman-makeup-mirror-glamour-model-blonde

どのメイクも難しいテクニックは必要ありません。

基本的にご自身が持っているメイク道具の応用で済むものですが、使い方を変えるだけでもメイクの仕上がりは全く違います。

 

幸せを掴むためには、まずは「いつもよりも何だか可愛くみえる」メイクで身近な方々の注目を集め、幸せが向こうから歩いてくるように惹きつけてしまいましょう。

 

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-女子力UP
-

Copyright© ザッキ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.