悩み

「51%対49%」なら、という考えを恋愛にも

投稿日:

スポンサーリンク



「彼氏と別れるべきかそうでないか・・・」

「好きな人を諦めるべきかそうでないか・・・」

というように、恋愛関連のことで、悩み、苦しんでいる女性って多いですよね。

 

ただ、これらの本質を追究していくと、その根本には選択をすることができないということがあるのです。

それは、言い換えれば、それは”迷い”とも言えるものでしょう。

 

この記事では、恋愛関連のことで悩んだり、苦しんだ時にオススメのことについてまとめていきたいと思います。

 

なぜ、悩むのか?

悩みや苦しみがなければ、きっと楽ですよね。

では、楽ではないのに、なぜ悩み、苦しむのでしょうか?

 

きっと、あなたが悩み、苦しむ時というのは、2つの選択肢が目の前にあるはずです。

その時に、数値で比べてみるとその差が同じくらいだからです。

おそらく、「50%対50%」で、同じくらいの価値があるのににちがいありません。

 

例えば、もし、あなたが彼氏と別れるかどうかを悩んでいたとしたら。

彼氏と別れたい理由として、「束縛されるのが嫌だから」「合わなくなってきたから」「他に好きな人ができたから」というような理由で、別れた方が良いことに50%の価値があり、

その一方で、別れたくない理由として、「もう少し改善の余地があるかもしれないから」「時間が経てば解決してくれることかもしれないから」というような理由で、別れたくない方にも50%の価値があり、

どちらにして良いか決めかねて迷い、結論が出せなくなるのでしょう。

 

スポンサーリンク

そのような理由で、悩み、苦しんでしまうのです。

 

どうすれば良いか?

2つの選択肢が、「51%対49%」であれば、わずか、たった2%の差でも51%の方を選ぶでしょう。

 

ですが、先述した通り、「50%対50%」の時が厄介なのです。

どちらにして良いか決めかねて迷い、結論を出すことができなくなるからです。

 

ただ、よくよく考えてみると、どちらも同じ大きさに変わりはありません。

ということは、裏を返せば、どちらを選んでも良いということになりますよね。

 

であれば、どちらにするかで悩み、苦しんでいる時は、あなたの意思以外の何かで決めてみたらいかがでしょうか?

コインを投げてみて決めるのも良いですし、あるいは、チャットという場で初対面の人たちに経緯を説明した上で決めてみるのも、きっと面白いでしょう。

 

双方の価値を見比べる

 

いかがでしょうか?

恋愛関連のことで悩み、苦しんだ時。

その2つの選択肢が、同じくらいの大きさなのか、そうではないのか、ということを考えてみることで、

すぐに解決できることも多いかもしれませんね。

 

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-悩み
-,

Copyright© ザッキ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.