悩み

恋愛も考え方次第

投稿日:

スポンサーリンク



 

「不倫」一つを挙げてみても、色々な考え方がありますよね。

 

「妻子持ちだけど好きだったのになあ・・・」というように、それを「不幸」とみなし、いつまでもクヨクヨと考える人もいれば、「あんな妻子持ちとは関わらなくて、大正解!アイツは今後、私が幸せになる為の踏み台よ!!」

 

というように、それを「幸せ」とみなし、非常に前向きにアグレッシブに捉える人もいます。

ものは考えよう、という言葉がありますが、それは恋愛でも同じことなのです。

 

この記事では、恋愛も考えよう次第だということについて、まとめていきたいと思います。

 

「幸せ」という実体はない

あなたが「幸せ」かどうか。

あなた以外の人が、あなたが「幸せ」かどうかという予想をすることはできますよね。

ですが、確実にそれがわかるのは、他の誰でもなくて、あなた自身であるはずです。

 

また、冒頭で一つの事象である「不倫」を例に挙げましたが、「幸せ」だとみなす人がいれば、そうではなくて「不幸」だとみなす人もいますよ。

というのも、幸せ」はどこかしらに実体しているものではないのです。

 

「幸せ」は、個人にのみ帰属しているものです。

ですから、あなたが「幸せ」だと思えば、「幸せ」になり、「不幸」だと思えば、「不幸」になるのです。

 

スポンサーリンク

「幸せ」は感じるもの

「幸せ」だといえるような出来事や現象があるわけではなく、「幸せ」はあなたが感じるものなのです。

なので、もし、あなたが「幸せ」な恋愛を望んでいるのであれば、まずは「幸せ」だと感じることから始まるのではないでしょうか?

 

結局、あなた自身の問題ともいえるでしょう。

「こんな私とお付き合いしてくれる彼氏がいて幸せ」

「彼氏と一緒に過ごすことができる時間があって幸せ」

「彼氏と話すことができる口があって幸せ」

「彼氏と会う為に歩ける足があって幸せ」

「彼氏と恋愛をすることができる性別で幸せ」

「彼氏と出会うことができて幸せ」

 

というように、「幸せ」を感じようと思えば、いくらでも「幸せ」を感じることができますよね。

このように考えてみると、恋愛も考えよう次第だということを、実感することができるのではないでしょうか?

 

ポジティブに「幸せ」と感じることの大事さ

ものは考えよう、という言葉がありますが、恋愛でもそれは同じということなのです。「幸せ」だという出来事や事象があるわけではなくて、「幸せ」は、あなた自身が感じるもの。

 

もし、「幸せ」な恋愛を望んでいるのであれば、「幸せ」だと感じることから始めてみてはいかがでしょうか?

 

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-悩み
-

Copyright© ザッキ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.