悩み

恋人は自分自身の鏡

投稿日:

スポンサーリンク



 

「あ~あ、なんであんな彼氏と付き合ってしまったんだろう・・・」

「彼氏のこんなところがイヤ!」

「次こそは、もっと素敵な彼氏を見つけられるハズ!」

このように、恋人相手に不満を募らせた女性って、本当に多いです。

 

ですが、世の中に沢山の男性が存在している中で、なぜ、わざわざ、そのような男性を彼氏として選び、一緒にいるのか。

考えたら普通におかしいことですよね。

 

しかも、あなたが彼氏のあら探しをして見つけた欠点は、意外とあなた自身も持っている欠点だったりしませんか?

 

この記事では、あなた自身に似た男性を彼氏として選ぶことに焦点を当ててみたいと思います。

 

類は友を呼ぶ

people-friends-relaxing-chilling

『類は友を呼ぶ』、という言葉がありますよね。似たもの同士が集まる、という意味のこの言葉。同じ波長を持った者同士が集まる、と言い換えても良いかもしれませんね。

 

この言葉は、普通に同性の友達を指し示すように思われがちですが、実は、恋愛においても適用されることなのです。

この記事を読んでいるあなたの恋愛遍歴を思い出して下さい。

あなたは彼氏の条件として、「年収○○円」や「身長が高い」というような下心丸出しのイヤらしいものを掲げませんでしたか?

 

そして、そのような条件に該当している男性と交際したとしても長くは続かなかったハズです。

というのも、いざとなって交際してみたその男性は恋愛に条件を提示したあなた自身に似て、「可愛くて」「美人で」というようなイヤらしい条件を提示していたハズだからです。

スポンサーリンク

 

そう、あなたも彼氏も求める条件は違かったとしても相手に下心があり、イヤらしさの波長という点では似ていた為に出会うべくして出会ったからなのです。

 

相手を見ることは自分自身を見ること

pexels-photo-211024

先述した通り、あなたが彼氏の条件として「年収○○円」や「身長が高い」というような下心丸出しのイヤらしい条件を提示すれば、同じような波長の男性が集まってきます。

逆にいえば、そのような男性しか集まってこないともいえるでしょう。

 

そして、あなたは男性のそのイヤらしさを見て、冒頭に列挙したような文句を言うわけです。

「彼氏のこんなところがイヤ!」と言ったり、あるいは、「次こそは、素敵な彼氏を見つけられるハズ!」というように。

 

ですが、相手は変えられません。変えることができるすれば、それはあなた自身です。

全てはあなた自身のその相手に求める図々しさや下心、そして、イヤらしい部分を何とかすることから始まるのではないでしょうか。

そうすれば、今よりはまともな波長の彼氏が見つかるハズです。

 

その為にも、文句を言いたくなる彼氏をあなた自身の欠点を見つめさせてくれる鏡にしてしまいましょう。

 

相手は自分、自分は相手

photo-1478184109445-b7f275b53ba1

文句を言いたくなるような彼氏がいるのであれば是非、『類は友を呼ぶ』、という言葉を思い出して考えてみて下さい。

意外と、あなた自身も持っている下心だったり、イヤらしい部分が見えてくるハズです。

そんなあなたの鏡となってくれる彼氏には、むしろ感謝するくらいの謙虚な気持ちになってみてはいかがでしょうか?

 

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-悩み
-,

Copyright© ザッキ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.