結婚

「結婚」それって本当にしたいこと?本当の婚期とは?

投稿日:

スポンサーリンク



 

あなたにとって、『結婚』を意識するのはどんな時でしょうか?

適齢期だから、長く付き合っている恋人がいるから、まわりの友人がどんどん結婚していくから…。

結婚を意識する理由は、人それぞれです。

しかし、上記のような理由で結婚を急いでも、それは本当にあなた自身が結婚を願っていることでしょうか?

まずは、自分自身と改めて向かい合い、それから結婚についてもう一度考えてみるのが幸せになるひとつのポイントです。

 

なぜ「結婚したい」のかを考えてみること

food-couple-sweet-married

ある程度の年齢がくれば、結婚というのは決してメリットだけではありません。

もちろん、子供を産んで育てるとなると年齢の壁というのはあるので、どうしても子供のいる家庭を望むのならば年齢は軽視できない部分です。

 

しかし、二十歳を迎えただけで精神まで大人になれるわけではないように、ある程度の年齢になったからといって結婚すれば幸せになれるわけではないのです。

 

年齢=結婚という考えであるならば、それは本当にしたい事とは言えません。

 

恋愛と結婚生活は同じものではない

photo-1459259191495-52eccde892c7

長年付き合ってきたカップルが必ず幸せな結婚生活を送れるかというと、必ずしもそうではありません。

むしろ、お見合いなどで交際期間は短くても結婚したという場合の方が長続きする事も少なくないのです。

その差は、夫婦となる二人が恋愛ではなく生活という視点で折り合っているかどうかが大きいのです。

 

スポンサーリンク

恋愛の束縛や執着の延長としての結婚は、大きな夢を抱いて飛び込むものです。

しかし、生活という視点でお互いを見てはいないので、恋愛が生活に変わった途端に喪失感が生まれます。

この場合は、本当にしたかった事は「法的な束縛のもとの恋愛の継続」であって、結婚という形の「生活」とは異なります。

 

 結婚生活は現実生活

photo-1466684921455-ee202d43c1aa

結婚生活に夢や希望を持つことは間違いではありませんが、正しいとも言えません。

自分の生まれ育った家庭を振り返れば分かるように、家庭とは良くも悪くも日常です。

恋愛のような非日常的なものと異なります。

 

もしあなたが結婚生活に夢を見ているのならば、結婚はもう少し先送りにすることをおすすめします。

しかし、もしあなたが「人生のタッグを組める相手を決めたい」と思っているならば、それは結婚をする時期といって過言ではありません。

 

結婚とは日常生活の形を変えること

MIXX8KP98P

その変化を共に乗り越えたい、背中を任せられる相手が見つかった上で結婚したいのであれば、機を逃してはならないのです。

 

本当にしたい事が「結婚」の意味としっかり重なったとき、それこそが本当の婚期です。

焦らずじっくりその時期を待つことこそが、幸せな結婚生活を手に入れるコツなのです。

 

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-結婚
-

Copyright© ザッキ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.