恋愛

「怒り」のない恋愛を

投稿日:

スポンサーリンク



 

「あの男(元彼氏含む恋人など)、絶対に許さない!」

というような「怒り」を含んだ言葉を発する女性って多々います。

 

確かに、恋愛をしていると相手のイヤな部分まで見えてきたり、あなた自身が思っていた理想像とはかけ離れていたりするので、「怒り」をあらわにしたくなるのでしょう。

 

ですが、「怒り」には毒素が含まれているので、怒れば怒るほど、あなた自身を傷つけてしまうことになりかねないのです。

それって、とても恐ろしいことではないでしょうか?

 

そうならない為にも、「怒り」について思案していきたい思います。

 

『怒り』とは?

ここに、とある1つの実験があります。

それは、一升瓶に普通の心理状態で息を吹き込み、その中にハエを入れてみると40分くらいで窒息死します。

 

ところが、「怒り」の状態だったり、腹を立てている状態で息を吹き込むと、その中にいるハエは、わずか30分ほどで毒死してしまうそうです。

 

このことからは、私たち人間が持つ「怒り」の中には、毒素が含まれているということがわかるのではないでしょうか?

 

また、とある一説によると、その「怒り」の中にはたんぱく質を溶かしてしまう働きを持っていて、相手のみならず自分自身の五臓六腑まで傷つけてしまうそうです。

 

そう、「怒り」には、あなた自身も傷つけてしまう毒素が含まれているかもしれないということなのです。

スポンサーリンク

 

「怒り」は手放した方が良い

このことから怒れば怒るほど、あなた自身を傷つけてしまうので「怒り」は手放した方が良いのです。

また、損得勘定という観点から見てもそれはいえることなのです。

 

例えば、人が通れるかわからないくらいの細道があったとしましょう。

そんなところに、車がとまっていたらきっと、歩行者であるあなたはその道をなかなか通れないはずです。

「なんで、こんなところに、車をとめるのだ!」

と”怒り”を含んだことを口に出すかもしれません。言葉に出さなくとも心の中でも思うはずです。

 

ですが、その一方で、もし、その車の持ち主が呑気にどこかでお茶でもしているのであれば、どうでしょう?

「なんで、こんなところに、車をとめるのだ!」という「怒り」を含んだことを言った人の方が損をしているにちがいありません。

 

このように「怒り」を手放した方が損得勘定という観点から見ても得策なのです。

 

『怒り』ほど、損なものはない

「怒り」には毒素が含まれているということです。

しかも、その毒素は、怒れば怒るほど、あなた自身も傷つけてしまうという厄介なもの。

であれば、「怒り」を手放した方が良いのではないでしょうか?

 

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-恋愛
-

Copyright© ザッキ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.