恋愛

恋の始めはどこから?大人の恋の始まり方

投稿日:

スポンサーリンク



 

 

はじめて恋した子供の頃のように、大人の恋はがむしゃらになりにくいもの。

ゆっくり、じわっと始まってしまうことも多く、「これは恋じゃないのかな?」と不安に思ってしまう方も少なくないようです。

大人の恋の始まりは、「付き合ってください」という言葉も無い場合が多く、では一体どこからがスタートなのでしょうか。

 

メールで「おはよう」や「おやすみ」を毎日送りあう

fashion-person-woman-hand

忙しい社会人にとって、特に朝は時間に余裕が無い方が大半です。

そんな中で毎日「おはよう」とメールを打つのはそれだけ相手に関心がある、関心を持って欲しいと思っている証拠です。

 

告白をすると振られた場合のショックが不安で言うことが出来ず、こうしたアピールを日々続けていくことで暗黙の了解で交際がスタートさせようとしている場合にも使われます。

メールを送ること自体は簡単ですが、日々コツコツと続けていくことは難しいものです。

毎日必ず送りあっているなら、それは「付き合ってください」の一言よりも大切なものかもしれません。

 

お互いの休みの予定を把握するようになる

city-cars-road-houses

お互いに休みが合うにしろ合わないにしろ、把握しあうようになるのは恋人同士の束縛のひとつの形でもあります。

特に接客業などで不規則な休みの業種の場合そういった情報交換は必須ですし、貴重な休みの日を特定の相手とのために時間を割くのは、社会人にとって簡単な事ではありません。

 

スポンサーリンク

忙しい日々の中で好きでもない相手の休みを覚えておくようなことは出来ないですし、わざわざ相手のスケジュールを手帳に書き込むなんてことは特別な相手でなければしません。

 

更にお互いが休みを調整しあうようになってくると、それは恋が始まっているとみてほぼ間違いないでしょう

 

友達に紹介してもらえるかどうか

photo-1461280360983-bd93eaa5051b

ふたりだけで過ごすのではなく、相手の友人に紹介してもらうというのはとても重要なことです。

もし単なる遊びの関係であれば、友人に紹介されるということはまずありません。

気恥ずかしさ等でその場で恋人として紹介されなかったとしても、大切な存在として思われていることは間違いないといえるでしょう。

 

 あやふやな大人の恋愛をしない

city-sunny-couple-love

大人の恋の始まり方は、付き合うという言葉の無いままに始まることも多いですが、それを明言しなかったばかりに恋愛が自然消滅したりする事も少なくないようです。

相手が本当に大切であるならば、やはり言葉というものは大切です。

 

きちんと言葉にすることで振られてしまうリスクはありますが、言葉にしなかったことでうやむやで終わらされてしまうことに比べれば小さいものです。

大切に思っている相手に「これは恋じゃないのかな?」なんて不安を抱えさせないためにも、関係をはっきりと伝える事は疎かにしないようにしましょう。

 

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-恋愛
-

Copyright© ザッキ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.